スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化粧は皮膚を老化させる

『化粧は皮膚を老化させる』
(ノ_・,
医師の夏井睦氏著書
『傷はぜったい消毒するな  生態系としての皮膚の科学』より抜粋

皆さんは、お化粧をしているときはすごい美人なのに・・・・
これに一番初めに気づいたのは、顔のケガで受診された化粧品売り場勤務の女性だった。
治療のために化粧を落としてもらったが、顔の皮膚は黒ずみ、シワが多くて毛穴が目立つという惨状を呈していたからだ。・・・・・・・・

この皮膚の老化は、化粧品の成分を調べてみると簡単に説明がつく。クリームにしてもローションにしても、洗浄力の強い界面活性剤を含んでいて、クリームもローションも皮膚を皮膚常在菌が棲めない状態にするからだ。いかに皮膚に良い成分が含まれている化粧品だろうと、基剤が界面活性剤を含んでいては元も子もないのである。・・・・

化粧品やシャンプーが販売されて一般に広く使われるようになった時点では、皮膚に常在菌がいることも、常在菌が皮膚からの細菌侵入を防いでいることも、常在菌の生存に皮脂が必要なことも、わかっていなかったのだ。
皮膚と常在菌についての知識がない時代であれば、このような商品がまかり通るのは仕方がないと思う。現在、化粧品業界が我が世の春を謳歌しているのは事実だが、それはユーザー側の無知を前提にした繁栄でもあるのだ。


健康な人の肌には様々な真菌、細菌が定着しています。
これらの菌が黄色ブドウ球菌などの病原微生物を寄せ付けない役割をしているため、健常な皮膚からは黄色ブドウ球菌はほとんど検出されません。しかしアトピーの皮膚には黄色ブドウ球菌が存在してジュクジュクした部位からは100%検出されるとされます。
『からだの教科書より』

長くなりましたが、何をお伝えしたいかと申しますと、
いかに常在菌と上手く共存共栄して健康的な肌をキープするということ。
その為にも界面活性剤、防腐剤のような化学物質を含まない化粧品を使用したいですね。

スポンサーサイト
プロフィール

ひーりんぐるみ

Author:ひーりんぐるみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。